ハリネズミの飼育に必要な道具

34月 - による pycno - 0 - 飼育について

ハリネズミを飼うことを決めたあなたは、飼育に何が必要か知っていますか?
ハリネズミの飼育には、ケージ以外にも様々なものが必要になってきます。

今回は、ハリネズミを飼育するのに絶対に必要な物から、持っていたら便利なグッズまでいろいろ紹介したいと思います。

 

飼育に絶対必要な物

始めに、飼育に絶対に必要となるものを紹介してきます。

 

ケージ

ケージ:amazonより

まず、必要なのは飼育ケージです。基本的には、小動物用のプラケースですが、金網ケージ、衣装ケースなど色々代用できます。ただ、寝床やトイレなどを中に置いても十分なスペースがあるものを使用してください。オーソドックスな物で、底面積90×60㎝程度がよく使われています。








寝床とトイレ

寝床は隠れ家や休息場所として使用しますので、寝袋や巣箱、シェルターなどを使用します。ケージが広い物なら複数個の寝床を用意してあげるのもいいでしょう。

 

床材

床材には、ウッドチップや牧草などを使用します。ペットシーツも使用できますが、かじったり、爪を引っ掛けたりする場合は使用しないようにしましょう。

 

トイレとトイレ砂

トイレ容器はうさぎ用やフェレット用などの小型の物を使用しましょう。

トイレ砂は、濡れても固まらないタイプを使用しましょう。

 

給水ボトル

器に水を入れても構いませんが、ハリネズミはトイレを我慢することが難しいため、器の中に排泄物が入ってしまう可能性があり、 衛生的な面から考えると、給水ボトルを使用するのが最適です。
どうしても給水ボトルで飲んでくれない場合は、食器などに水を入れて与えても構いませんが、こまめに水を交換してあげましょう。

 

食事用の食器

食事用の食器はなるべく重さがある陶器やステンレス製の物が適しています。

また、ある程度の深さがあるといいです。ハリネズミが実際に使ってみて、深さや大きさに問題がないか確認しましょう。

 

飼育にあると便利なグッズ

ここでは、飼育の際に絶対とは言いませんが、用意したほうが飼育が楽になる便利なグッズを紹介していきます。

 

ヒーター

冬場は冬眠を防ぐために、ペット用のヒーターを準備しておきましょう。温度を一定範囲内で保ってくれる「サーモスタット」という道具と合わせて使用すると便利です。もちろん、年中エアコンで部屋の中を最適温に保てる場合は必要ありません。

 

涼感ボード

こちらは、夏眠や熱中症を防ぐためのものです。大理石やテラコッタ、アルミなどの素材でできたペット用の涼感ボードを敷いてあげるといいでしょう。こちらも、エアコンで年中最適温を保てるなら必要ありません。

 

温度湿度計

温度管理は感覚的に熱い寒いを決めるのではなく、実際に数字を見て管理してください。エアコンのリモコン等で温度や湿度を確認できる機種も中にはありますが、ハリネズミが生活しているケージの中の温度や湿度とは異なる場合がありますので、ケージに設置するタイプの温度湿度計を用意してください。

 

回し車

回し車:amazonより

ケージでの飼育になると、どうしても運動できる範囲が狭くなってしまいます。限られたスペースで、運動させるためにも、回し車は最適です。大きさとしては、直径30㎝程の物がハリネズミには適しています。

 

トンネル

ハリネズミは隠れるのが好きです。そのため、寝床とは別にトンネルやチューブなど、ハリネズミが潜り込んだり、隠れたりできる場所があると、ハリネズミも安心することができますし、寝床だけでは見せない可愛い仕草なども見ることができますよ。

 体重計

ケージでの飼育はどうしても運動不足になりがちです。健康管理のためにも体重計を用意しておくと良いでしょう。ペット用体重計も売っていますが、最大計量が2kg程度のデジタルキッチンスケールが最も使用しやすいです。

 

キャリーバッグ

動物病院などへの移動の際に、ケージごと移動するのは困難ですので、移動用に用意しておくと良いでしょう。移動以外にも、ケージ内の掃除をする時の避難場所としても使用できます。ハリネズミ専用では売っていませんので、うさぎやフェレット用の物で少し小さめのものか、ハムスター用で大きめの物を選びましょう。

 

 手袋

ハリネズミの背中には針があります。人馴れしていないハリネズミを触る際はどうしても怪我をする危険がありますので、薄手の革手袋があると安心でしょう。キャリーバッグへの移動などの時に助かりますよ。

 

 爪切り

ハリネズミは針ばかり注目されますが、爪も鋭いです。そのため、小動物用の爪切りを用意しておくと良いでしょう。ハサミタイプやギロチンタイプなど様々な物が売られていますので、自分が使いやすいものを選んで下さい。

 

 ピンセット

これは副食としてミルワームなどを与えるときに便利です。なかなか虫を素手で触って与えるのには抵抗がありますよね。特に女性はそうでしょう。

 

以上、あると便利なグッズでした。ハリネズミカフェさんとかの店員さんから情報収集するのもよいと思います♪

 

 自作してみよう!

前述の『絶対必要な物』と『あると便利な物』の中には最近流行りのDIYできるものや、代替品として使える物がありますのでご紹介します。

 

寝袋

布を使って自作できます。作り方は布を袋状に縫い合わせるだけです。裁縫が得意な人なら、内生地に毛羽のないフリースなどの爪が引っかかりにくい物を使用してあげるのもいいでしょう。大きな靴下ならそのままでも代用できます。

 

寝床

100円ショップあたりで売っている木箱などに、入り口さえ作ってあげればOKです。最近は可愛い木箱も多いので是非試してみて下さいね。

 

トンネル

専用のトンネルの代わりとして、ペットボトルを上下切り落とし筒状にしてあげれば十分遊んでくれます。できれば切り口はマスキングテープなどで保護してあげましょう。入り口以外にも穴を開けることでそこから顔を出したり可愛い姿を見ることができます。

 

最近の100円ショップの品揃えはすごく良くなっているので、高い正規品を購入しなくても代用できる物が沢山ありますよ。DIYではありませんが、ピンセットの代用として、使い終わったお箸や割り箸でも虫をつかむくらいなら十分できますよね。ハリネズミ専用に100円ショップでお箸を購入しても構いませんし、ショップによってはピンセットも100円で売っていますので、探してみてはいかがでしょうか?

 

 最後に

いかがでしたか?

ハリネズミを飼育するために必要な物は、購入しなければいけない物もあれば、工夫次第でタダで作れちゃうものもあります。ご紹介したDIYは一例ですので、もっともっといろいろな物を作れると思いますよ。

これから、ハリネズミと楽しい生活を送る為にも、自分に合ったアイテムを揃えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です